東北復興支援企画、沢山の方にご参加いただきました

2011年3月11日 東日本大震災、あれから2年が経ち・・・忘れてはならない記憶を胸に21名のお客様と一緒に三陸沿岸部へ行って参りました。

 

《ツアータイトル》けっぱれ!三陸沿岸部!!復興応援絆街道3日間

【1日目】

 小牧空港を飛び立ち花巻空港へ到着後、テレビやメディアでは何度も目にした「奇跡の一本松」を目にしました。現在はモニュメントとなっておりますが実際に見ることで力強さをひしひしと感じます。

 その後、「陸前高田未来商店街」にて昼食タイム!津波で店を失った店主たちが手を取り合って立ち上がった商店街は活気がありました。そして今回のコラボ企画でもある、「三陸鉄道南リアス線」吉浜駅盛駅の区間に乗車。今年4月3日運転再開したばかりです。クウェート政府からの支援による新型車輌にはアラビア語で感謝のメッセージが書かれていました。車内では途中の駅で運転手さん自らが説明、車掌さんも4月からの新入社員さんで元気いっぱいでした。

 盛駅を降りてからは車輌庫を見学しました。震災発生時から復活までのパネルを使った説明を聞きました。沢山見学した後は、大船渡:さいとう製菓(仮本店)でお買い物!名物は「かもめの玉子」です。

 夜は大槌町福幸きらり商店街で自由食。地元の方と語らいながら美味しくいただきました。夕食後はNPO法人カタリバ「暗くなった町を明るくしたい~Starry Night In 大槌プロジェクト~」3人の高校生の経験や地元のことや思いなどの話しを聞きました。

 宿泊は「小川旅館絆館」です。創業は幕末です。みなさんビックリでした。震災で全壊しましたが、仮設で再建した「小川旅館 絆館」です。女将の話を聞いて涙を流すお客様もいらっしゃいました。

ツアータイトルけっぱれ!三陸沿岸部!!復興応援絆街道3日間

【2日目】

 小川旅館 絆館を出発して「旧大槌町役場庁舎」へ行き、大槌漁港「越田鮮魚店」で地元で釣り上げたばかりの新鮮なものを沢山買いました。目の前にはひょっこりひょうたん島があり、ご参加者の男性の方が指揮をとって下さって皆で大合唱しました!!自然と皆が笑顔でした。

 昼食は浄土ヶ浜レストハウスでお好きなものをチョイス。海鮮丼から雲丹ラーメンなどと種類は豊富です。食事前にはカモメにエサをあげたり、のんびりととした時間を過ごしました。 

 お腹いっぱいになった後は、三陸鉄道北リアス線に乗車。三陸鉄道の本社がある宮古駅小本駅までです。美しい三陸海岸と田老津波防湖堤を車窓よりご覧いただきました。乗車後、旧机浜番屋街にて地元漁師さんに話しを聞いて、本日の宿:田野畑村「ホテル羅賀荘」へチェックイン。早めのチェックインなので夕食まではホテル周辺を散策したり、ゆっくりとした時間を過ごしていただきました。翌日の日の出(4:10頃)は見事です。絵にしているお客様もいらっしゃいました!!

【3日目】

 ホテル羅賀荘を出発後、「小岩井農場」までバスで3時間ほど走ります。園内を少し散策していただいた後に昼食タイム!今日の昼食は「ジンギスカン」です。ジュージューとお肉を焼いて美味しくいただきました。召し上がっていただいたあとは再度、散策時間です。天気も良く癒しのひとときでした。お土産も沢山売っています。のむヨーグルトは美味でしたよ~!ジェラートも人気でした。

 皆さん、両手にお土産!バスにご乗車♪その後、「宮沢賢治記念館」へ行きました。宮沢賢治ワールドにどっぷりと浸かりました。

どこへ行っても地元の方々は私たちを笑顔で迎えいれて下さり、沢山の元気をいただきました。

 次回は2013年6月4日(火)~6月6日(木)21名のお客様と出発です。