応援メッセージ

日比野良太郎様(犬山商工会議所会頭)よりの応援メッセージ

犬山商工会議所会頭 日比野良太郎氏(中央)と「犬山おもてなし隊」
犬山商工会議所会頭 日比野良太郎氏(中央)と「犬山おもてなし隊」

 平成23年9月29日。犬山に「新たな文化」が産声をあげました。

 私が社長を務める犬山まちづくり㈱《まちと一緒に成長していく犬山市唯一の第3セクター(犬山市・犬山商工会議所・市内民間企業・金融機関・市内発展会・個人等の出資により平成15年9月に設立)》が共同申請者となって、㈱ツアー・ステーションが、中小企業地域資源活用促進法における観光分野で愛知県初となる認定を受けたのです。(認定通関番号4-23-01 経済産業省・国土交通省)

 私が、この認定を「新たな文化」と位置づけたのは、犬山の歴史を直接地域住民との連携から学び体験する「城下町文化再発見!!」着地型観光事業という内容であるからであります。

 つまり、歴史に育まれた犬山の地域住民の方々自身が「語り部」「伝承人」となって、犬山へ訪問された方々に、城下町等の歴史・文化を学び体験していただく。㈱ツアー・ステーションの従業員の皆さんとパートナーの方々で構成される「犬山おもてなし隊」が、来訪者と「語り部」「伝承人」である地域の方々とをコーディネートし、そこから新たな絆が生み出され、その輪(和)は更に広がっていく。まさに、故きを温ね、新たな絆の創造をしていく。それも観光事業という切り口から。犬山から発信された絆が世界を繋いでいく。これこそ、犬山の「新たな文化」と言わないで何と言うのでしょうか。

 

 夢のような想い(発想)かもしれませんが、その想い(発想)がなければ、現実は変わっていきません。平成23年3月11日に発生した東日本大震災以降、「絆」ということが見直されてはいるものの、日本全体はいま少し元気がないように感じられます。今こそ、地域から絆を広め、元気を発信していくことが必要ではないでしょうか。

 そういった意味で、㈱ツアー・ステーションのような企業が続々と生まれ、そして社会貢献の出来るような企業に育っていくことが、日本を良くする第一歩だと考えております。

 

 山本五十六のあまりに有名な「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という名言があり、後段はこんな言葉で締めくくられております。

「やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず」

地域活性化のため、出来る理由を探し出すべく、試行錯誤し、知恵を出し、且つ汗も出す、そして地域の活性化に貢献する㈱ツアー・ステーションと「新たな文化」である本事業を是非とも応援していきたいものです。

 

平成24年8月

犬山商工会議所

会頭 日比野良太郎

片山義博様(犬山市観光協会 事務局長)のよりの応援メッセージ

 犬山のローカルエージェントはツアー・ステーションを含めて3社ありますが、このような着地型の取り組みを行っているのはツアー・ステーションだけです。

 観光協会としても、鉄道事業者と連携していろいろな活動を行っていますが、「犬山おもてなし隊」によるツアーがあると、来ていただけるお客様にはより喜んでいただけると歓迎しています。

 観光ボランティアガイドとはまたひと味違った、『現役のプロ添乗員』ならではの経験と知識を生かした犬山おもてなし隊には、お客様に満足していただけるよう質のよいサービスを提供してもらいたいたいと思います。

 犬山おもてなし隊は、犬山の宿泊と観光を手配する地域唯一の旅行会社です。

お申込み希望の方やご質問のある方は、お電話またはお問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えになるとスムーズです。

※お問合せフォームからは、24時間受付いたします!

 

お問合せ

※下記バナーから、弊社会員登録が可能です。会員様には、メールにて最新の企画の情報をイチ早くお届けさせていただきます(会費など一切無料です)。お気軽にご登録下さい!